2018.09.01

カテゴリ:専門課程

記事一覧

1級4年 AXCR 2018(ステップアッププログラム)③

ここからは、レース後半戦。

この先はどんな展開が待っているのか!!

IMG_9383

「8/16:LEG4(シェムリアップ → カンポントム)」

・7:00

 ホテルからSSまでのリエゾンスタート。

 通常のリエゾンは、2輪は1分、4輪は2分の間隔を開けてスタートするのだが、この日はいつもと違うスタートだった。「コンボイ」と言って、バイクを含めた全車両が連なってホテルをスタートする。そのままコンボイは世界遺産のアンコール遺跡を通過しながら、SSのスタート地点へ向かって行った。

IMG_9384

サービススタッフはホテルの出口でしか見れないが、すごい迫力でカッコ良かった!!

IMG_9389

IMG_9392

IMG_9390

IMG_9394

・この日のSSは、少し短い設定だった為、どのチームも昼のサービスは行わず、SSを全て走り終えた後、一般道のドライブインで待ち合わせて、給油や車両状態のチェックをする事となった。

とてものどかな風景・・・。

IMG_9408

・合流ポイントに11時頃に到着し、後はレース車両が来るのをのんびり待つばかり・・・

IMG_9409

・良く晴れて、日差しも強いのだが、日本に比べて湿気の少ない気持ち良い暑さ。

・整備の疲れも忘れて、みんなリラックス!

IMG_9410

・そうしている間に、予定の時間になってもレース車両が帰って来ないと思っていたら、情報が入ってきた。

 どうやら、SSコースのコンディションが最悪で、スタックする車両が続出!

ほとんどの車両が大幅に遅れているとの事!

 

この時期のタイ、カンボジアは雨季のため、いたるところが冠水しており、SSコースの一部に水が流れ込み「ウォーターベット」と言われる「川」状態となっているらしい。後でドライバーに聞いたところ、車高の高いオフロード4駆でも、ボンネットまで水がかぶるくらいの状態が数十キロ続いていたとの事・・・。

 

バイクの場合、水が深く路面も見えないので、立ちあがった状態でバランスを取りながらの走行が数十キロ。「地獄の様だった」と皆さん言っていました・・・。

IMG_9421

そしてほとんどのチームは、無事にSSをクリアしてきた車両や、余りに酷い状態なのでSSを断念してエスケープして一般道から帰って来た車両と様々だったが、自分のチームのレース車両の無事を確認すると、サービスカーはホテルへ戻る。

そしてチームあきんど号だけ連絡が取れないまま6時間半が経過した頃、やっと無線が繋がった!「リヤの足回りが損傷した為、スローダウンしながらホテルに直接帰る」との事!損傷個所の情報を無線で確認して、サービスカーは一足先にホテルへ戻った。

 

・ガレージモンチとFLEXの両チームは、大きな損傷は無く、通常の整備で終了できそうとの事。とは言え、明日も問題なく走行できるように、みんな必死で整備作業をしている中、22:30 あきんど号のFJクルーザーがホテルに帰って来た!

・事前に足回りの予備パーツは準備しておいたので、早速交換作業開始!!

IMG_9593

・サスペンションのリンクやショックアブソーバが左右とも切れると言う、通常ではあり得ない壊れ方に驚きながらも、明朝までに元の状態に戻すべく、必死で作業する!!

IMG_9589

 

・左フロントドライブシャフト、ブレーキパッド前後も交換!

IMG_9594

・長時間の走行で疲労困憊の中、西川さんにボディの修復作業をして頂いた。

IMG_9618

・朝4時頃、整備作業終了!

 これで、翌日のレースも全開走行ができるはず!お疲れ様―!!

 

 

「8/17:LEG5(カンポントム → カンポンチャム)」

・9:00

 昨晩は洗車が出来なかったので、車両は汚れたままだが、ゼッケンとメインスポンサーの部分は奇麗にして、今日もリエゾンから出発!

IMG_9434

・各チーム、昼のサービスポイントに向かう途中で、立ち往生。理由は・・・。

 赤土で出来た固く凸凹の路面が続くため、サービスカー(ハイエース)のサスペンションが壊れる恐れがあるので、このまま進むか、引き返すか迷いどころであった・・・。

IMG_9438

・そんな中、海老原君が、様子を見に来た現地の子供にお菓子(柿ピー)をあげたら、受け取ってくれた。

IMG_9442

・すると、喜んだお母さんが、お返しにバナナをくれた!

IMG_9444

・少し仲良くなった所で、家の中を見せて欲しいとお願いした所、承諾してくれたため、みんなでお邪魔してみた。

IMG_9446

家の中ではなんと、テレビを見ていた!ビックリ!!

そして、高床式の住居は風通しが良くてとても涼しい!!

現地の人とのちょっとした交流ができて、レースの合間に異文化コミュニケーションを楽しんだ。

IMG_9449

・引き返すチームもあったが、FREXとあきんど号は、そのままサービスポイントを目指した。

・待ち合わせのポイントで待っていると、ガレージモンチのジュムニーが午前のSSを終えて来た。

そこでなんと、午後のSSがキャンセルとなったとの情報が入った!

IMG_9459

・各チーム、SSを終えて合流した所で、給油など車両確認を行い、そのままホテルへ帰る事となった。

IMG_9458

IMG_9463

・その日のホテルは、目の前にメコン川が流れていた。

 メコン川とは、東南アジア最長の川で、中国→ミャンマー→タイ→カンボジア→ベトナムと流れる4200kmの国際河川らしいが、川幅の広さに、圧倒される・・・。

IMG_9466

・夕食後は夜の整備。

・ガレージモンチはホテル脇の明るい場所で整備。

IMG_9480

・あきんど号とFLEXは、ホテル裏に2台並んで整備。

IMG_9594

・どのチームも、今日は大きなダメージは無く、通常の確認整備で終える事が出来た。

IMG_9822

IMG_9595

 

・明日はついに、レース最終日!

 もうひと踏ん張り頑張るぞー!