2013.09.20

カテゴリ:

記事一覧

SUBARUメカニックインターンシップ2013

『SUBARUメカニックインターンシップ2013』に中央自動車大学校1年生の3名が参加してきました。

 

このインターンシップは、東京都八王子にあります、

 

『スバルアカデミー』と言うスバルの研修センターで行われました。

 

(日本国内のSUBARUディーラーメカニックの講習や、
世界のSUBARUメカニックを迎えての講習など(当日も海外から研修に来ていたみたいです。)も行っているようです。)

 

当日朝は、通勤ラッシュの中 着慣れないスーツに身を包み、革靴を履いて来た学生達・・・・
スバルアカデミーに到着し、ツナギに着替えるタイミングで・・・

 

 

靴擦れを起こしていました。

 

 

 

 

痛々し~~~(><)

 

で、開会式も終わり、早速講習開始です。参加者は全体で80名近くいたので、グループに分かれて、スケジュールが組まれていました。

 

中央自動車大学校は、今回Bグループ!!

 

スバル車のエンジンの概要の勉強からスタートです。

 

スバルと言えば、『ボクサーエンジン』水平対向エンジンですよね~~

 

水平対向エンジンの歴史と、構造を画像、映像を使って、学生でもわかりやすく説明していただきました。

 

そして、実際のエンジンパーツを↓

 

手に取って確かめたり↓

 

 

学生が持っているのが、水平対向4気筒エンジンのクランクシャフト、

手前側にあるのが、通常4気筒のクランクシャフト。

この長さを見るだけでも、短い分、軽量化に繋がっているのがよくわかる。

 

さらに、

エンジンのカットモデルが置いてあったり、

 

日本では販売していない、輸出仕様の水平対向ディーゼルエンジン↓

 

見てみたいね!! カバー開けてみる!?

 

 

 

「すっげ~~~!!!!」

 

「ぜんぜん違う!!!」

 

 

 

そして、輸出仕様なので、もちろん左ハンドル。

 

質問も積極的にしてました。

 

お昼を頂いて、午後はスバル車の歴史、モータースポーツの取り組み

 

アイサイトの概要、試乗をさせて頂きました。

 

アイサイト(プリクラッシュ・ブレーキ)の体験では、

 

止まるとわかってはいるが、初めての体験で、学生達も恐る恐る、

 

体験しておりましたが、実際に止まってくれる安心感に、この表情↓

 

 

最先端の技術って素晴らし~~~!!

 

次は、AT誤発信抑制制御!!

 

 

飛出し防止装置ですね!

 

カメラを使い前方の物体をとらえて、エンジン出力を制御する。

 

そして、アラーム音とディスプレイを使い、運転者に注意を促す↓

 

 

 

安全運転に越したことはありませんが、安全装置はありがたいですね!

 

実習の締めくくりは、ミッションの講習です!!

 

1年生には、まだ難しい内容ではありましたが、これもわかりやすく模型を使いながら説明していただきました。最新のCVTは私も勉強になりました。

 

何見てるの~~~!?

 

ATのカットモデルでした↓

 

 

スバルと言えば、レガシーと言うことで、記念撮影♪

 

 

この後、千葉スバル成田店のチーフメカニックの方の体験談や質疑応答、スバルの研修制度の話を聞き本日のプログラムが終了しました。

 

 

今回、スバルメカニックインターンシップを開催していただいたSUBARUアカデミー、 静岡、茨城、千葉スバルの皆様 本当にありがとうございました。

 

学生も貴重な体験をして、自動車への興味、就職への意欲がたかまったと思います。

 

未来の整備士、後輩を育てていくため、私たちも頑張っていきたいと思います。